忍者ブログ

束縛スル島

ココロ

 生きている意味がない。






 世を騒がせた猟奇殺人犯は、犯行を始める数か月前には周囲にそう漏らしていたという。

「でもそんなの当たり前のことだよなあ」

 僕は二人に向かってそう言った。

「人生なんて所詮は自己満足なんだからさあ、生きている事に意味があるかなんて自分自身が決めればいいのであって、あの犯人みたいに意味がないと思えば意味がないし、逆に意味があると思えば意味があるんだ、自分の人生ってもんは。ネズとキリコもそう思うだろ?」

 二人は頷いた。僕は二人の反応に満足すると飲み物に手を付けて口元に運ぶ。人生なんて、自分の気持ち次第。ずっとそう思って生きてきたけど、生きている意味がない。その言葉を改めて聞いた時、僕の心に凄く印象に残った。なぜかは簡単だ。僕自身、最近はずっと生きている意味がない。そう思っていたからだ。

 僕はニートだ。その時点で、社会的に役に立っているわけでもなく、いわばお荷物的存在だ。友達も少ない。この二人だけはかろうじて友達でいてくれるが、小中高と共に汗を流し合った学友たちとの絆は蜘蛛の糸のように細かったらしい。今では切れてどこかに飛んでいってしまった……。

 そして、人生のパートナーと呼べる存在もいない。ニートの分際で一人の女性に思いを寄せるいうことにどうしても抵抗を覚えてしまう。男女平等が叫ばれる現代において時代錯誤的かもしれないが、収入もないのに女性と付き合うだなんて男としてあまりにも情けないと思う。せめて再就職すれば、胸を張って生きていけるようになるはずだ。彼女を作ることに対してもわだかまりは無くなるだろう。すべてはそうなってからだ。

 そう思って何か月が経ったろう。光は未だ差し込まない。

 頭を掻き毟りたくなる。

 何もかもがうまくいかない。そんなんだから、正直、何も楽しくない。今までの人生を思い返しても、楽しかった瞬間なんてほんのわずかしかない。いや、正確に言えば記憶に残っている事以上に何度も楽しい思いをしてきた。だから、楽しい事がまるでなかったというつもりはない。だけど、それ以上に、辛かった、嫌だった、悲しかった思い出だけが、積み重なって山になって、時々それが崩れて僕に襲い掛かってくるのだ。苦しい。僕はその度に何度も何度も苦しい思いをした。なんで過ぎ去った過去に何度も何度も苦しめられなくてはならないのだろう。楽しかった思い出は、思い返しても僕を幸せにしなかった。苦しかった思い出は、思い返すたびに僕の心を痛め付けた。きっと、今よりもっと歳をとって死ぬ間際まで、そんな苦しみだけが積み重なるような日々が続くのだろう。だとしたら、そんな僕に生きている意味があろうか。そんなの、生きている意味がない。

 だけど、僕は物事を悪いほうに悪いほうにと考える癖がある。そんな僕だからネガティブな事ばかりを考えてしまって日々を楽しく生きていくことが出来ないのだ。それくらいの自覚はある。

 だから、せめてかろうじて親友と呼べる二人に僕に生きている意味があるのか、問いかけることによって、そして、生きている意味がある。そう言ってもらえれば、僕のこんな人生も好転するような、そんな気がしているのだ。果てしなく他力本願な気もするけど、それでもたまには背中を押してもらったっていいじゃないか。人は一人では生きていけないのだから、他人に迷惑をかけるのが嫌な僕だって、もう手段を選んでいられない。二人に僕を肯定してもらう。たとえそれが思い込みに過ぎないとしても、この辛い現実を生きる糧になるのならそれでいいじゃないか。助けて下さい。昔流行った「世界の中心で愛を叫ぶ」みたいに。よくわからないけど、たぶん、そういうことなんだ。

 僕はごくりとつばを飲み込むと、意を決して二人に言った。


「僕にだって幸せになる権利はあるよな? 生きていたっていいんだよな? 二人にとって、僕は意味のある存在だよな?」


 二人は満面の笑みでうなずいてくれた。僕は思いっきり脱力する。安心した。やっぱり、僕だって生きて良いんだ。生きる意味があるんだ。二人が同意してくれれば、僕は生きていける。それだけで……。

 その時、二人はお互いの顔を見合わせると、ニヤ~っと笑った。


「だけどぉ……本当はぁ……」
「……。ノヴシゲだけは……」










「「生きている意味なんてないんだけどねっ!!」」







 きゃははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは



 二人がケタケタと笑う。
 僕は激怒した。



「うるせえんだよ人形共が!!!!!!」


















 ああ、生きている意味が、見つからないよ……。
 僕は泣きながら二人の首を抱きしめた。

拍手

PR

もり×かけ問題

もりそばか、かけそばか、ざるそばか。
ざるそばの上に最初から刻み海苔をのせて出すのはそばの風味を消す上そばの水分を吸い取るのでせめて小皿に分けて出すべきだと思うしあくまでも刻み海苔はネギやワサビと同じ立場なのだと主張するんだけどだれも同意してくれなくて苦しい。
「人それぞれだよ~」ってなんじゃそりゃ。絶望を抱いて溺死するわ。




いまさらですがコメント返信

>名無し様
応援していただきありがとうございます……!
ほんっっっっっっっっっっっっとうに気長にお待ちいただけると幸いです……。
申し訳ないです……。

拍手

結末に花束を

「やった、これでリセットできたんだ!」

 僕は喜びました。

 するとネズが言いました。

「うん、よかったね!」

 キリコが言いました。

「うん、よかったね!」

 ユリカちゃんが言いました。

「うん、よかったね!」

 Χくんが言いました。

「うん、よかったね!」

 穴山さんが言いました。

「うん、よかったね!」

 ペケ蔵さんが言いました。

「うん、よかったね!」

 FMSくんが言いました。

「うん、よかったね!」

 一磋さんが言いました。

「うん、よかったね!」

 海清さんが言いました。

「うん、よかったね!」

 まつ香さんが言いました。

「うん、よかったね!」

 きくちゃんが言いました。

「うん、よかったね!」

 満月さんが言いました。

「うん、よかったね!」

 みんな同じ事しか言いません。

「なんだ、やっぱり、みんな、人形じゃないか!」

 僕がそう叫んだ瞬間、みんなの首がころりと落ちました。

拍手

リセット

ああ、雨ばかりで嫌だなあ。しとしとしとしと……しとしとしとしと……しとしとしとしと……しとしとしとしと……しとしとしとしと……しとしとしとしと……しとしとしとしと……気が狂いそうになる。寒いし。外に出れば髪の毛は濡れるし、服が濡れてなんだか嫌なにおいがする。大体みんなチャリンコに乗りながらみんな妙なものを持ちやがって。片手運転危ないよ? 僕に当たりそうになるんだっての。なにあれ。知らんけど。あれが傘? アハハ。薄暗いねえ。太陽とかどこにあんの? ああ寒い寒い。これだけ寒いのは太陽がいなくなってしまったからか。日照時間が少ないと気分が落ち込んでくるんだっけ? そんなの嘘だよ、だって僕はこんなにも元気なんだもの。うん、元気元気。なんでも見えるよ。何だって聞こえるよ。みんなの声が聞こえるよ。ぶつぶつぶつぶつ、なんだかいろいろ言ってるね。ああどうしてもそれらが嫌なんだいつからだろう。みんなでいろいろなところに行って笑顔で、凄く楽しかったはずなのにそれは本当のことなのに、なんだか果てしなくうざったくてボコボコにしてやりたい。唾棄すべき過去ではないけれど嫌になる嫌になる嫌になる嫌になる嫌になる嫌になる嫌になる嫌になるすべてぶち壊してやりたい。それでもみんなはいい人だからこうやって集まってくれるよね。今日も行くんだよね今日は僕がいるからみんなは少し嫌な気分になっているかもしれないね。本当にごめんなさい。だけどしょうがないよねみんなだって日々しょうがないと思っているし、誰かが誰もがしょうがないと思っているんだから僕がしょうがないと思うこともしょうがないよね。あはは、また僕を見て笑っているよ。僕が何も思わないとでも思っているんだよね。そらそうか、僕は息をすればするほど人形に近づいていっている気がするよ。まあいいんだそんなことは僕のことはどうでもいい嫌どうでもよくないものすごくどうでも良くないんだけどどうでもよくないからこんなことをするんだな。そんな僕はそんな僕が大嫌いです。まず一人目とびちるとびちる雨が降ってるから汚してもすぐに綺麗になっていいですね。ペケ蔵さん、あなたは栄えある一人目ですよ。一番面倒で一番めざわりだからねこのあともみんなボコボコにしてやるんだから一番最初にやんないと僕がボコボコにされるでしょ。楽しいなあ妙に楽しい動かなくなるのが楽しい。目に入ったからきくちゃんもボコボコにするねかわいそうな気もするけど。かわいそうだと思うけどかわいそうなんて気持ちを持つ必要がないんだよ僕にはかわいそうだと思うだろきくちゃん。だけど僕には許されるんだよ君がどんなに小さくてもボコボコにすることが許されてるんだよごめんね本当に、僕もつらいんだこんなことをしようと思ってなかったけど人は変わるんだ悲しいけど。たまたまだよ、だからしょうがないよねしょうがないって言葉嫌いだったけど便利すぎるんだもんしょうがないよね。この眼鏡親父親父くせーんだよおとなしくボコボコにされとけ。穴山さんは動かなくなった。馬の予想は楽しいですか。僕は楽しいです。あ楽しいと思えてたらこんなバラバラにならなかったかな何がバラバラってこころですよこころですよなんでこんなになっちゃったかなあごめんねおとうさんおかあさん。かわいそうだね本当にかわいそうだよかわいそうな人ばっかりで人はかわいそうなまま死んでいくんだよね本当にかわいそう。そうだよねユリカちゃん君なら僕の気持ちをわかってくれるだろボコボコにしたいって気持ちわかってくれるだろ。ひどいよひどいひどいひどいひどいひどいひどい逃げなくたっていいだろそんな目で僕を見なくていいだろ本当につらいんだよそんな目で見られるのって本当につらいんだよなんでわからないんだよやっぱ君はわかる人じゃなかったんだはじめからそう思ってたよ。ばいばいでも君のこと昔は好きだったよ元気でね最後の姿がそんなかたちだなんてかなしいな。ああもうめんどくさいひとりひとり思い出語りする暇なんてないんだよでもしょうがないかけじめだもんね僕がみんなのおくりびとになってあげる。FMSくんキミの実家は神社だそうだけどいろんな人を送ってきたのかな今自分が送られる立場になるだなんて思いもみなかったよねでもきみには謝らないよボコボコにしたくてしょうがなかったからねボコボコボコボコボコボコああ楽しいね。罪はないね無罪だね僕が悪いね悪く思う僕が悪いねやっぱごめんね謝るね畜生だよホント僕はなんでボコボコにしてるんだよ違うんだこんなつもりじゃなかったそれは本当なんだけどボコボコにしてやりたくて仕方がないんだよ矛盾してるけど悔しいんだむかつくんだ悲しいんだ泣きたくなるんだ惨めなんだよみんながいると僕がみじめなんだよそれでみんなをボコボコにしてもっと惨めになるんだ邪魔をしないでくれよな。辞めた会社の上司が言ってたっけお前は自分で自分を苦しめてるって余計なお世話だよ当たってるだけたちが悪いんだよボコボコにしとけばよかったニート万歳。髭と美人だうらやましいなあキミたちならさぞかし幸せなんだろうね美男美女でうらやましいねうらやんだって何も変わらないよね理不尽だねそんな不条理を僕がボコボコにしてやるんだよそうすれば僕の気が晴れるかもしれないだろ悪いけど付き合ってくれるかな。つかいつも一磋さん海清さんがセットみたいになっててもうしわけないなでも望んでるんでしょ二人一緒に扱われることを望んでいるんでしょじゃあ本望じゃないかボコボコにされたって本望じゃないか僕は悪くないボコボコにしよう。綺麗だったのにボコボコにしたらボコボコになるねなんだか酷く悪いことをしたような気がするけどそれがいいよねぞくぞくするねにやけちゃうよねそれだけいままでいい思いをしてきたでしょいい思いってのはみんなで分けないとねそれが真理だよねだから僕がいい思いをする資格はあるよねそうだよねだってずっとつらかったんだよしょうがないよねそうでないと釣り合いが取れないんだから。まつ香さんどうおもいますか僕がボコボコにしてやりましたよいやいや現実を直視しましょうよ僕が言っちゃあれですけど現実を直視しましょうよまつ香さんこれがきくちゃんですよわかるでしょまつ香さんなら申し訳ないです僕子供嫌いなんでしょうがないですよねみんなも嫌いなものはボコボコにしたくなるでしょ僕だけとは言わせませんよその流れに僕は乗っただけなんですからそんなにショックを受けないでくださいよボコボコにしちゃいますよするつもりでしたからしますけど僕を見てくださいよいらいらするな。いらいらするああいらいらするなんで僕はこんなにいらいらしているんだ馬鹿馬鹿しい考えてみるとずっといらいらしっぱなしだもっと優しい人になりたかったよこれも僕のせいなのかなやさしくなれなかったのは僕のせいなのかな自己責任だから僕のせいなんだろうな。ねえΧくん。相変わらず生意気だね君は。ボクがそう簡単にボコボコにされると思いますかだって。バーカ。かわいそうな存在だよ、君は。君は誰だい。君には何もないよ。だからボコボコにしてあげる。ボコボコにしてあげたいんだ。はははこんな僕に同情されるってどんな気持ち正直に答えてくれよ今の君クソダサだよボコボコにされて顔が台無しだよこれでもう迷うことはないよね誰なんだと迷うことはないよねそのままでいたいと思って苦しむこともないよねよかったでしょこれで。そしてあんたがいるから何かが起きてしまうんですよね誰かが苦しんでしまうんですよね僕が苦しんでしまうんですよね満月さん。もううんざりなんですよあれだけ楽しかったのにあれだけ嬉しかったのにあれだけわくわくしたのにあれだけ意欲があったのに僕にはもう何もありませんよどうしてくれるんです。あんたも大変だったろうけど、こんな思いをするぐらいなら何もしてくれなくてよかったんです。僕がどれだけ苦しいかわかりますかその苦しみが理解されない気持ちがわかりますか苦しいと言うことさえできないこの気持ちがわかりますか。助けてって叫んでみろって言いたいんでしょうわかるわかりますあなたは見た目に反してまじめで臆病で強気で弱気で頭がよくて馬鹿で金持ちでもあり貧乏人にもなれるでしょうけど何もなくて卑屈な僕にかける言葉など何もないですよそもそも興味がないんですいいですねみんなは強烈な個性があってさぞかし愛されて生きてきたんでしょうねチヤホヤされて生きてきたんでしょうねほらこうでしょう僕にはもう救いようがないんですよすなおにボコボコにされてくださいねまつ香さんときくちゃんが待ってますよ。ははは嘘です、嘘です。ボコボコにされたら行き場は別々ですよ。人は生きても死んでも、ずっと孤独なんですから。ああキリコかなんだか心苦しいよきみの事ずっと好きになりたいと思っていたけど結局変わらなかった変われなかったはははごめんね僕なんかにそんなこと言われても困るよね気持ち悪いよね嫌悪するよね吐くよね眩暈がするよね怖いよね逃げ出すよねともだちなのにさそう思ってたのは僕だけなのか。なんで逃げるのさ。叫びだしたいよ叫びたいよ叫んでるよなんで叫んでるのかななんで僕が叫んでるのかなやっぱり苦しいのかなこんな僕でもキリコに嫌われるのは苦しいと思うのかなわかんないや今更わかりたくもないからボコボコにする。感触。手から伝わる感触を楽しむことが僕の使命のような気がする。かゆい体中がかゆい手先から始まってだんだん足の指の先から頭の天辺までどこもかしこもかゆいよ。かかずにはいられないよかゆいかゆいかゆいぼりぼりとどこかしこも僕の身体に血がにじみ始めて痛いけどそれ以上に快感があってかきむしるのをやめられないよもしかして何か住んでるのか僕の身体の中に僕以外の悪い虫が住んでるのかだから僕はこんなにも駄目になったのかこんなやつになってしまったのかそうだきっとそうだ全部ムシのせいなんだ僕がこんななのもこんなに醜いのも悲しくてしょうがないのも涙が止まらないのも全部全部虫のせいなんだだから僕は悪くないんだだからしょうがないんだみんなをボコボコにするのもみんなをボコボコにするたびに吐きそうになるのもどんどん心ががさついていくのもの誰も愛せなくて誰も愛されなくて惨めで惨めでみじめでみじめでみじめでみじめでああすっきりしたそうだったのか虫のせいだったのか僕がこんなふうになってしまったのも全部虫のせいでそのせいでRUINSのみんなにも嫌われて
「……。違う、お前は、昔から、そのままだ」
僕は卒倒したようだったなんでなんでなんで力が入らない今のは誰の声なんだいや聞き覚えがあるぞこれはこの声はネズだきっとネズだ根津金八だこいつ僕に何をした友達の親友のくせになにをした力が入らないんだぞ頭がずきずきと割れるように痛いんだぞ親友のくせに親友のくせに親友のくせに親友のくせにこんなことをするなんて酷いじゃないか。あ。そういえば僕に親友なんていなかったんだ。だってさ、冷静に考えてみろよ。逆恨みでRUINSのみんなをボコボコにするような僕に親友なんてできるはずがないじゃないか。だって親友ってさ、気持ちが一方通行じゃなりえない間柄なんだろう。僕はさ、好きだよ、お前のこと。
「……。それでも、そんなお前が、俺は好きだったのに……」
もう遅いんだよ馬鹿やろう。

拍手