忍者ブログ

束縛スル里

「自分の作ったものに自信を持つことが大切」

こんばんは。

愚腐弟です。

聞けば聞くほど、小倉久佳さんの曲に魅入られてしまいます・・・。

その、小倉久佳さんの言葉。


問い:作品作りにおいて一番大切だと思うこと、作品を世に送り出すにあたって心がけていることをお聞かせ下さい。

小倉氏:
 アイディアが 浮かぶのは特別な時ではありません。たぶん皆さんもそうだと思います。街を歩いている時、喫茶店でボンヤリ考えている時、電車やバスに乗っている時。つま り、あるテーマに絞り込むまで常に考え続けているということだと思います。そうした作業を意識的に行うことで、ある時コレだ!という閃きに似た感覚がやっ てくるのだろうと。ですから『ニンジャウォーリアーズ』の津軽三味線、『ダライアス外伝』のオペラ、『G-DARIUS』の無機質な音楽構造、これらだけ でなく全てはそうした「考え・悩む」日々の積み重ねの中から生まれています。

 自分の作ったものに自信を持つことが大切です。「ちょっと自信ないなぁ」と思いながら世の中に出すというのは、お客様に対して失礼な行為だと思いますから。この場合結果は関係ありません。作り手としてどれだけ真剣に取り組んだかを示すことが重要なのだと思っています。

http://www.gpara.com/contents/creator/bn_175.htm

勝手に嬉しくなりました。

以前のブログで、僕も似たような事を書いたので。

文字面は同じようでも、内容には大きな差があるのかもしれませんが・・・作品に造りに真剣に取り組もうとする気持ちは一緒であると信じたいです。

僕も、一つの作品として「束縛スル里」を世に出す以上、本気で取り組み、自信を持てるような作品にしていきたいと思います。


今回は真面目なまま終わろうかと思います。


って、書体が変わっとるやんけ!!


コピペしたせいだとでも言うのか!?

 

直し方わからん!!

 

面倒だからこのまま終わります!!

ʅ(✧≖ _)ʃ <アディオス!!

拍手

PR