忍者ブログ

束縛スル里

素敵・・・ホワイトバレンタインね。

こんな大雪で素敵なわけがあるか!

チョコも貰ってねえし!!





















 とても恥ずかしそうに、彼女の顔は朱に染まって、少しだけためらうようにして言った。

「特別な思いがこもったチョコだから・・・」

 そして、俺に一つのチョコレートを手渡してくれた。

 嬉しかった。

 人生をやり直しそうになるほどの困難を乗り越え、俺はやっとここまで漕ぎ着くことができたのだから。

 俺にとって、彼女は特別だったから。

 彼女にとっても、俺は特別な存在なんだって。

 そんな関係になれたことが、俺は嬉しかったんだ。

 誰もが羨むような、ハッピーエンドになる。

 俺は、そう信じてた。

 だけど・・・。
 
 卒業式の後、彼女は来なかった・・・伝説の木の下に。

 ああ・・・俺は振られてしまったんだなと。

 呆然としたまま悟った。

 言ったじゃないか。

「特別な思いがこもったチョコだから・・・」

 って・・・。

 その言葉に込められた思いは・・・。

 そのチョコレートに込められた思いは嘘だったのか?

 楽しかった思い出は、すべてが空虚なものとなって・・・。

 俺はまた・・・。

「一緒に帰って、友達に噂とかされると恥ずかしいし・・・

 そんな冷たい言葉を突き付けるような、思いやりも何もない関係から始めなくてはならないんだ・・・。

 だけど、俺は何度でも言うんだ。

 中央公園の中の、満開の桜の下。

「まるで恋愛小説の一場面みたいだね」

 って。

 きっと君は顔を赤らめて、楽しそうに同意してくれるから。

 そんな瞬間がとても嬉しくて、楽しくて、俺は君を追いかけ続ける。

 気高くて美しい桃色の髪を持つ君が、いつか振り向いてくれると信じて・・・。

 俺はチャレンジし続けるんだ。
















簡単に言うと、藤崎詩織は絶許ってことです。

まあ女友達の誘いを断る時に

「残念ながら俺様は忙しいのだ」

って言う主人公もどうかと思うけどね。


ʅ(✧≖ _ゝ≖)ʃ <アディオス!!

拍手

PR