忍者ブログ

束縛スル里

陰と陽と明と暗の陰と暗

こんばんは。
愚腐弟です。


姉がペケ蔵さん小説を公開しましたね。
後編では一体どうなるのでしょうか。
僕も内容は全く聞いていないので皆様と一緒に続きを待ちたいと思います。
というのも皆様にお答えいただいているアンケートなのですが、僕は全く関与していないので(笑)
姉なら皆様の期待に応えて素晴らしい話を書く事でしょう。
俺なんかが書いたってしょうがねえからな☆
というネガティブな思考が渦巻く今日この頃。
卑屈良くない!!


☆前回のブログの内容について
前回のブログで僕は「好きだという気持ちが嘘になってしまうのが嫌だ」と書きました。
それは、僕が物心ついたときから現在までずっと胸に抱いていた思いです。
ブログを公開してから、その思いを客観的に考えてみました。
つまるところ、自分の思いが嘘になってしまうと思い込むのは、自分自身の心さえも信用していないからなのではないか、と思いました。
自分の思いに確固たる自信がないから、本当は好きじゃなかったんじゃないか、その時の気の迷いだったんじゃないかと考えてしまう。
だから、自分自身に対してもその思いが本物である事を証明してやらなくては信用する事が出来ないのです。
たぶん、普通の人なら「好きである」ことはもっと素直に受け入れているのではないのでしょうか。
そして「今は好きじゃない」ということも受け入れられる。
今は好きじゃなくても、昔は好きだったという思いが確かに残っているから、自分自身でわざわざそれを証明してやる必要もない。
僕みたいに「好きである」ことが嘘かもしれないなんて迷う事もない。
そんな結論に至ると、自分の至らなさ加減が嫌になりました。
卑屈良くない!!!!!!!


ネガティブな事ばかり書いて申し訳ないです・・・。
なんかめっちゃスランプっす・・・。


↓僕宛の拍手返しです。
> 匿名の者さま
いろいろな作品を教えていただきありがとうございます!
とりあえず瀬戸○廉也さん作の某祭をプレイしてみました。
驚いたのが瀬戸○さんの文学に対する知識ですね。色々な作品を読まれているのだろうなと思いました。
某ENDのホテルでゲーム中の二人が金色夜叉の内容を模すシーンなどは、独特の雰囲気を醸し出していてとても印象に残っています。
未来に待つのは破滅であると思うのですが、そんなことは意に介していないかのように底抜けに明るく振舞っている二人を見ていると、妙に心打たれ物悲しくなりました。
・・・そのENDもう一度プレイします(笑)
僕の作風が瀬戸○さんに通ずるところがあるかもしれないとのことですが、自己分析してみると、偏執的なところは少し似ているかもしれません(笑)
しかし「自分の作風に似ているかもしれない」というフィルターを通して作品をプレイすると、自分とのレベルの違いを思い知らされますね。
文章の表現力も、シナリオ構成も・・・・・・。
ひたむきに努力して、自分自身を追い詰めて、色々な事にもっと貪欲でなければならないと思いました!
教えていただいたほかの作品も時間を見つけて読んで見たいと思います!

拍手

PR