忍者ブログ

束縛スル里

雪に焦がれる

ご無沙汰しております。
愚腐弟です。
しばらくの間ブログ更新せず放置してしまい申し訳ございません。

一つ言い訳させていただきますと、本当は束縛スル里を作成するにあたって撮影した廃墟写真を、束縛のキャラにしゃべらせながら面白おかしく紹介していくブログ記事を書こうと思っていました。
それを途中まで書いたところで僕の心境が変化し、やはりギャグは無くしてちゃんとした物語として真面目に書くことにしました。
しかし、そのせいか筆が止まりました。
迷走中です。
自分が何を書きたいのか、何を書くべきなのかよくわからなくなってしまったのです。
ついでに最近仕事が少し忙しいのと、積みゲーだったトータル・イクリプスを消化するのに時間を取られて書く時間を減らしているせいもあります。
いつごろ公開できるかわかりませんが、期待せずにお待ちください。


話は変わりますがロシアにも雪女の民話があるんですね・・・・・・知りませんでした。
トータル・イクリプスの作中に出てくるのですが、スネグーラチカというらしいです。
内容は悲劇的で、まさしく僕好みの内容です。興味のある方はググってみてください。
そのスネグーラチカ(と、とあるキャラ)をイメージして作られたと思われる「スノウメヰデン」という挿入歌がまた良くてですね・・・・・・涙無しには聴けません。
実は作中で使われるインストアレンジの方が好きだったりするので、サントラは是非とも入手したいと思っています。
ちなみに「スノウメヰデン」はituneでゲットしました。聴きまくってます!
雪系の曲はやっぱりいいなあ・・・・・・エースコンバット5の「Ice Cage」という曲や桜庭統さんの「Around The Cold World」という曲などが好きですが、雪や氷をイメージした曲は綺麗な音を使った曲が多いですよね。
雪や氷をイメージした曲のみが入ったアルバムとかないかなあ・・・・・・。
探してみょ。

今回はマエケンブログ風に終わりたいと思います。

んじゃ

拍手

PR