忍者ブログ

束縛スル里

多彩な方々

皆さまこんにちは、愚腐弟です。

僕は最近、少しだけ絵を書く事の練習をしています。

ド素人同然なので皆様にお見せするようなものではないのですが、そのうちゲーム内で使用できるクオリティが高い絵を描けるようになりたいなあと思っています。

そもそも、どうして今更絵の練習をし始めたのかといいますと、ゲームのクリエイターは多彩な人が多いのではないか、と思ったからです。

シューティングゲームである「斑鳩」のプロデューサーの方は作中の音楽を手掛けていますし、話題の「NOeSIS-嘘を吐いた記憶の物語-」の作者であるcutlassさんも僕の記憶が正しければ文章と絵を描かれています。
探してみれば他にも絵と文章と音楽などをマルチに手掛けている方々はたくさんいらっしゃるとお思います。

まあ、何が言いたいかといいますと、僕は文章を書くのが好き・・・と言うよりも、本当は物語を想像するのが好きなだけかもしれませんが・・・なので、そのクオリティーをあげるべく、いろいろな経験をした方が良いのではないかと思ったのです。

例えば絵を描く事は、その対象を注意深く観察し造形を精密に把握して、紙又はディスプレイの上にアウトプットするという作業の経験となります。

その経験は、文章を書く上で表現力の増加につながるのではないかと思うのです。

同じバラの花であっても、ただ眼で見て文章に表現するよりも、自らの手で模写することでバラをの花の子細を知り、枝葉や棘のなだらかな曲線などを濃密に表現できるのではないかと思うのです。

文章では、どんなに素晴らしい音楽も、どんなに素晴らしい景観も、人々の表情や感情も、文字だけで伝えなければなりません。

目で見たもの、耳で聞いたもの、それらの情報をいかに活字として活かしていくのか。

そのためには、やはり観察力が必要になってくるのではないかと思います。

だから僕は絵を描きはじめました。

全ては、自分自身が考えた物語をできるだけ精密に描き出すため。

ピカソだって、有名な作品は一見子供にも描けそう(あくまでも例えです)に見えますが、あの作品は写実という技術を極めた上に成り立っているはずです。

いくら素晴らしい物語、絵を思いついたとしても、それを頭の中から形のあるものに変えることができなければ何の意味もないと思います。

そうならないために、少しでも執筆技術向上できるよう日々意識していきたいです。


・・・うん、相変わらずよくわからないことを書いてしまった。
てか、毎回短くしよう短くしようと思っているのになぜか長くなってしまう・・・。
内容自体も、一体どこへ向かっているんだと自問自答してしまう・・・。
ともかく・・・。
ʅ(✧≖ _ゝ≖)ʃ <アディオス!!

拍手

PR